医薬品の輸送のしかた

subpage01

化粧品や医薬品は、アルコールや危険物が入っているものがありますので、消防法によって分類されるものがあります。

それによっては、消防に届け出が必要になってきます。
そういった医薬品に専用の倉庫があります。
そして専用の輸送や流通の会社があります。保冷医薬品専用の車から取引先の医薬品メーカーに届けられます。
保冷車両の温度を徹底確認して発送になります。

医薬品の輸送についての知識を高めてもらうためのサイトです。

輸送会社を選ぶ必要がありますが、選ぶ基準は電話やメールでの対応が良い、対応がよく、仕事ができるドライバーがいるのか、見極めることも大事です。

輸送会社を決めたなら、見積もり依頼をします。
見積もりが届いたなら、料金やサービスを比べてみます。

利便性を重視したビジネスジャーナル選びをサポートするサイトです。

2、3の運送会社を候補にあげておいたほうが良いでしょう。


そして、条件が合う会社が見つかれば契約です。

医薬品は輸送方法が決められていますので、専用な運搬方法が必要なわけです。

国内向け、海外向けとあります。


方法によっても温度抑制完備の車両にするのか、温度変化に耐性のある梱包容器があります。

それぞれ、メリット・デメリットがあります、車両の場合は運用が楽で時間の制約がありません。



保冷財の準備も必要ありません。

しかし、ランニングコストがかかり、定期的な温度調節が必要となります。扉の開閉で温度が一定ではなくなる場合もあります。
梱包の場合は、少数箱でバリエーションがきき、事前準備が楽です。

扉の開閉の温度変化もありません。
ただ、時間が有限です。