医薬品の輸送について

subpage01

日本には、医薬品を扱う企業が多く、輸送も頻繁に行われています。

医薬品の品質というのは、人命にかかわるものなので、製造時はもちろん、輸送や保管中も中身が劣化しないように厳しい品質管理が必要となります。

医薬品を輸送して保管する場合の品質の確保を目的として定められているのが、適正流通基準です。


世界保健機関にはGDPガイドラインがあります。

ヨーロッパでは、GDPが法的な規制となっていますが、最近では日本国内においてもGDPの整備が進められています。

GDPの目的は、医薬品製造時の管理と品質を徹底することです。

効率がいい定温輸送に関する情報が幅広く集まります。

そのためには、人間による間違いを減らすことと、製品の品質の低下を防ぐこと、そして、高い品質を維持する仕組みを作ることが求められているのです。
整備には、ハードとソフトの両面が必要です。


ハードは、設備に関するもので、ソフトは教育訓練やルールなどです。


GMP省令では、取り決められた自社ルールを、基準書としてまとめるように定めており、品質管理や製造管理を敵世知に実施するため、手順書を作成して保管する必要があります。

ロケットニュース24情報サイトです。

製品の輸送を行っている企業では、様々な取り組みを行っています。
日本国内では、医療用の医薬品は、医師の処方箋がないと入手することができません。

そのため、他の国に比べると、盗難や偽造品は多くありません。ですから、日本国内のGDPの対象は、保管中や輸送中の温度管理に向いています。



多くの企業では、温度管理に適した装置を用意して、最適な製品を人々に提供しています。


詳しく知りたいなら

subpage02

化粧品や医薬品は、アルコールや危険物が入っているものがありますので、消防法によって分類されるものがあります。それによっては、消防に届け出が必要になってきます。...

NEXT

学びたい知識

subpage03

温度履歴は非常に聞きなれない言葉ですが、さまざまなものが温度が変化した際に何らかの変化を催し、その変化の状態が温度が上昇する状態と加工する状態とでは異なることを指すものです。これは物体の分子構造が温度により変化し、その変化が温度が上昇する際と下降する際とでは温度が異なるために発生するもので、温度変化の記録が残される様になることから温度履歴と呼ばれています。...

NEXT

知識を増やす

subpage04

温度履歴というのは、ある場所の温度について、ある特定の期間、例えば1日間とか1週間とか1ヶ月間などの期間においてどのような推移を示していたのかを記録に残すことを言います。小学校の夏休みの宿題で、毎日決まった時刻の温度を測って日記につけるというようなことがあるかもしれませんが、これも立派な温度履歴ということになります。...

NEXT

生活の特徴

subpage04

温度履歴すなわち温度の変化を与えることにより強度が落ちるなどの材質の変化が起こるものがあります。例えばコンクリートです。...

NEXT